2017-03

スポンサーサイト

--------

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バン・クライバーン」国際ピアノコンテスト

2009-06-09

Category :未分類

昨夜は、NHKニュースそしてTV朝日が、この第13回のコンクールの模様を興奮気味に放送していました。

フォートワースに立った29人のピアニストはどれも世界トップクラス。

辻井 伸行さん。・・・盲目のピアニスト。

ふと、自分の好きなヴァイオリン、川畠成道さんを思い出した。
川畠さんは、幼少のころは、まだかすかに光を感じることができて画用紙ぐらいの音符をいっぱい部屋に吊るして曲を覚えたという。

しかし辻井さんは、生まれながらのハンデを背負ってのこの快挙(もちろん日本人初の一位受賞)

ショパンの「練習曲ハ長調op10-1」
そしてセミファイナルでの室内楽との協奏曲。

いずれ全貌は、BSなどで紹介されるのであろう。

思うに、そして感じるに・・というのは、TVを観ただけで安易に語れるものではないが、ひとのこころをここまで5分間ものスタンディングオベーションをいざなうのは、並大抵のピアノ演奏ではなかったからではないか?

優れたピアニストは、クラシックだけに限らずJazzの世界にもゴマンといらっしゃる。
並外れた強い音楽主張は、ときとしては、自己中心的なメッセージを発し、我々オーディエンスに「なにも」語ってくれないときも自分は、体験してたこともある。

音楽、楽器は、そのための単なる「道具」のような印象すら与える。
とくに天才ピアニストと言われた年少のプレイヤーには多いような気がする。

辻井さんの演奏は、TVの画面越しだが、ピアノと一体化しそしてその作曲家にどこまでも謙虚で作品への畏敬の念、そして尊敬の気持ちが感じ取れるような表情をしていた。

13日には、帰国後初のオーケストラとの共演があるというが、チケットは完売らしい。

自分が、学ぶには、あまりにも大きすぎるモチーフではあるが、音楽は、「人柄」という持論は、またしても再確認されたと思う。

自分の内面には、どんなものがあるか?・・そこをまず自問自答してみたい。
ひとに自慢するようなものはないが、しかし音楽をするにあたっての「感情の五感」になんらかのものは、きっと持ち合わせている。それが、ちっぽけなものかもしれないが。

楽器は道具でなくあくまで自分を表現するには、自分は、この楽器でなきゃできひんねんという「信念」みたいなもの。
そのためには、まだ基礎を学ばねばならないが、「ひととしてのまろやかさ」とひとたび楽器をもったらどこまでも探求する真摯さを忘れなければきっとすこしはマシなsaxがいつか吹けるだろうと。

辻井さんの幼年時代から育ってきた家庭環境は、きっと音楽に厳しくもありまろやかさを人間的に忘れなかったご両親のおかげなのかな?そんなことを思いながら。

環境は、いかようにも人間を変革できる。若いうちからそれをやっておけば。
ただ天才とうたわれている方でも「テング」にどこか心の片隅にもっていたら・・?
Jazzの天才と言われた何人かの音楽家にそれをかんじてしまうのもまた事実ではあるのである。
スポンサーサイト

* comment *

私の周りも、この話題で、
もちきりです。
よく知っている先生の生徒さんだったこともあり、
以前、少し、演奏を聴く機会もありました。

先生も、かなり力を入れておられていて、
今回賞をとれたポイントは、
選曲! だったそうです。
難曲を並べ、テクニックを魅せる 
をテーマに訓練を積んだ と
ききました。

彼と同じ境遇の
梯さんの演奏でもいつも思うのですが、
やはり、彼らには、私たちには聴こえない音が聴こえて、
そして、また、
私たちには感じないものをとらえているのだと思います。

Re: コメント遅れました。

Risaさん。
コメント書くのが、こちらの事情でバタバタしてできてませんでした。
すみません。

受賞後、DVDやCDの発売を新聞やマスメディアでかなり見かけます。
また、コンサート、演奏会などもすごいオファーだそうで。

日本人は、とかく大きな受賞や日本人初というのには、そのひとの真価とか真髄などに
は、どうなんでしょう?ご理解しながら熱くなられてるのかな?そんな気がします。

自分たちが、見えているものには、表現しようとするものになにかの「添加」をしてしまうのかも(それが意識してなくても)しれません。

そこが、我々には新鮮に映ったのでしょうね。

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furaituaito.blog45.fc2.com/tb.php/8-af78cb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

井上麻子×藤井快哉DUOリサイタル *TOP* Lars Jansson

プロフィール

ジンsax

Author:ジンsax
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。