FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

--------

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回saxレッスン

2010-04-16

Category :未分類

備忘録

第4回saxレッスン

1. ロングトーンの上行と下行の「息」の量確保とブレスの仕方(息をしようとする意識より腹圧を事前に準備・加圧しておき、上下ともムラなく吹き切ること。これができないとテンポ=60のバラードや3~4コーラスのsoloを吹き切ることができない。要するに常にお腹に腹圧(ふくらます)を意識してへこまさないように「準備」しておいて呼吸は、その腹圧から呼び込むと自然と息ができる・・・と、いうのだが・・かなりこれは、日常の「ロングトーン」をやらないと体得できないことだと意識した。さきの、バーバラさんの「呼吸」とまったくおなじこと。すべてのsoloの16分音符であろうが、白玉全音符であろうが、ここができなければならない「起発点」
2. 「音のリリース」・・これは、毎日の5つと1つの合計6つのプロセスで発音する音つくり(タンギングに帰結)は、リズムを感じながら覚えていくこと・・・参考例のテナー奏者(名前がど忘れしたので目下先生に問い合わせ中)は、タンギングがかなりアタックきついが、ブレスと管に吹き込む息が、うねりを生じながらも連続した途切れのない息が、まったく不自然さをかんじないことと、タンギングとリズム感が一体になっているから素人が吹く「単発のタンギング」に終わらないこと。要するに聴いていて飽きない。やはりプロの音というのは、躍動感も違うしバックのドラムス、ベース、ピアノを自らのsaxから発するリズム感で「全員を鼓舞しリード」していること。(ここが、素人とまったく異なること)
3. 休符の長さを見失う「恐怖感」・・・自分のもっともネックとなっていること。先生に思い切って詳細に話す。    8分であろうが、4分であろうが、音符のあるところは、歌う気持ちで吹きながら、休符部分は、のどで歌うことで克服できるのではないか?という手法、そして音感がなければできないが、Jazzは、かならず小節ごとのアタマの音は、ベースでは、トニック(和音の根音)を弾くから小節のアタマは、そこで4拍が仮にズレたとしても、3つしかズレない。またドラムスのハイハットは、アフタービートを刻んでいることが多いから、2と4は、吹いててもドラムスを聴けば、おのずと2つしかずれない。・・・そんな感じのやり方・・まぁ・。・自分は、後者のほうは、たぶん絶対音感がないからできないだろうけど、なんとなくニュアンスは、聴いててわかるから「ヤマカン」みたいなことぐらいは、わかりそうかも?
4. 8分音符の後ろノリ・・リズム感をかんじていないと、うまくそのアタマに入っていけないから、音のアタマとアフタービートを常にかんじること。
5. 吹けないパッセージは、テンポを完璧に吹けそうな早さまで落とすこと。

てなわけで、曲「All Of Me」は、あまりたくさん吹けなかったけど、この注意されたポイントをしっかり練習して今月は、2週間隔週でなく(29日が祭日のため)来週までにどこまで練習で積み上がるか?が自分の努力次第というところか?

番外:自宅で練習している「替え指」によるおなじ音の表現を変えるやりかたを教えていただいた。(Jazzでは、このやりかたは、随所に出てくるし、アドリブでこういう有効な表現を使うことで表現やアドリブのセンス、テクニックひらめきなどにカラーを与えるから必須な奏法)

レッスンが、終わり三宮から乗らずに元町まで歩いて今回のレッスンを振り返ると「基本がこんなにいろんなアドリブに大きな影響を及ぼすことを認識したら、アカンやん・・バンドでいまあわてて参加して吹くようなとこまでいってないやん。もっと自己を磨いてからでもおそくないやん・・」そんなことを思いながら元町駅まで。

少し前の自分は、なんとかうまくなってその得た奏法が、バンドで活かされる・・・と、勘違いしてたが、そうじゃなくて、あわてなくてもゆっくり自分の内面をいまは積み上げるときで、バンドは、二の次だと認識し始めたこと。一年後に自分のこの昨夜感じた意識が、どう化学反応起こしているか・・楽しみでもある。

練習は、自分が楽しくなるようにかつモチベーションをいかにどのように自分であげるようにもっていくかが今後のカギかなと。
スポンサーサイト

* comment *

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furaituaito.blog45.fc2.com/tb.php/20-98b10f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

音楽・・求めること。そして探すこと。 *TOP* Barbara Thompsonさんのこと。

プロフィール

ジンsax

Author:ジンsax
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。