FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

--------

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/25saxレッスン・第一回目

2010-04-02

Category :未分類

と、いっても昨年の夏から休んでいたというかいろいろな事情で、この二月初旬までレッスンに関しては、悶々とした気持ちでいたわけだが、ある友人から、京都在住のsaxプレイヤー(バークリーを首席卒業し、自分の好きなテナープレイヤー、ジョージ・ガゾーン氏に師事していた方)が、三宮で新しく三木楽器が、Jazz-sax科というYAMAHA系では、はじめてのコースで限定3名の個人レッスンということで、自分は、迷うことなくレッスン予約を入れました。

本日、20時から時間オーバーの21時まで。

昨年、受けていたレッスンとは、切り口自体がちがう。

自分が求めていた内容で逆にしんどいけど、やりがいが見いだせるレッスンであったことが、自分の内面の「やる気」が昨日とはまったくちがうものになっている。

ひとを納得させ感動させるには、ロングトーンの美しさにある。そしてそれは、姿勢のシンメトリックに関係してくる。

自分は、左肩がすこ上がる傾向と体の芯がすこし反時計方向にブレているらしい。

こうなると左右の腹部の腹筋が、アンバランスになり正しい腹式呼吸ができなくなるものらしい。

またアンブシャーもまちがっていた・・これは、すこし是正するには、時間がかかる。

オーバートーンというペダルトーンからの倍音を出すことも声帯をすこしずつ変化させる意識とリードの振動とをシンクロ化させること・・これは、次回までの課題。

良い音。きれいな音は、音数が少なくても十分に聴衆を魅了できるからまず白玉音符を大切にとのことであった。

「目からウロコ」とは、よく言うセリフだが、今日は、ほんとにそういう実感を覚えた。

この先生に巡り合ったのは、ほんとうに時間というかおたがいの時空の合致ができたから。
本来なら京都でしか教えていなかった先生が三宮の教室で教えておられ、そして自分も前の先生と縁が切れたところで時期が合致したのである。まさしく「えにし(縁)」であると思う。

もっと・・もっと確りしたsaxプレイヤーになりたい。一年後は、自分は、変わっていたいと願っている。

PS;この日記をアップするについてかなりの日数が経過している。「憧れ」と称して先生に師事しているが、こういうことを考えるひともいる。

「憧ればかりを追い求めた結果、たどり着く場所は決まっているだろう。
本人には勝つこともできず、自分の音楽も作り出すことができず、
何も残すことができないまま終わるのではないか。」

これもある境地に達したひとは、そう思うのだろう。しかしここまでまだ自分は、到達していない。
まずは、自分が模索するコンセプトのJazzを追い求めている方に「教え」を乞うことから始まる。
自分を見つめるのは、自分のまず第一到達点に達したら考えたらいいこと。
この方のような境地にまで、自分は、いい年齢になってしまったから、達しないまま人間もおわりそう。
まずは、人柄や音楽性や考え方、感じ方を先生から学びたい。
個性は、それから創造するのものだろうが、そこにいくまでにずいぶんと様々な勉強をしなくちゃならないし、人間模様は、そんな簡単なものじゃない。ましてや「芸事」のこの世界は、なおさら・・いろんなしがらみとかがおまっせ!


スポンサーサイト

* comment *

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furaituaito.blog45.fc2.com/tb.php/12-0aa84551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第二回目saxレッスン *TOP* Playing Through The Blues

プロフィール

ジンsax

Author:ジンsax
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。